ホーム > 機構紹介 > 理事長の挨拶

理事長の挨拶

 

ご挨拶                 

rijityo.jpg  青く豊かな海、美しい浜辺、その恵みを受けて生きる多様な海の生物、これらは地球に住む人類にとって貴重な財産です。地球表面積の約7割を占める海は、生命誕生の源であり、地球上の全ての生態系や気候変動、大気の大循環など地球環境に大きな影響を与えています。
 古来より、この海からわれわれは大きな恵みを享受し、様々な産業が発展してきました。特に水産業は、海の生物を漁獲し、食卓を彩り動物性タンパク質の供給を行うなど、われわれの生活にとってなくてはならない産業であり、同時に良好な海洋環境に依存している産業でもあります。
この貴重な財産である海を慈しみ、守り、後世に引き継いで行くことは、地球に住む我々一人ひとりに課せられた大きな使命だと考えています。 しかし、近年の経済・産業活動の進展、生活・レクリエーションの活発化等に伴い、排出される様々な廃棄物や原油、燃料油などの油製品等により環境汚染が深刻化し、海洋環境の保全に果たす海の機能が低下してきています。このため、水産動植物はその生息地が失われ、漁場としての生産能力の低下及び漁業への悪影響が懸念されています。
 このような背景の下、当機構は我が国周辺の海や渚等における地域ボランティアによる環境美化活動を全国的な運動に広めるとともに、政府が進める政策と連携して海の環境保全に積極的に取り組んでいく所存です。併せて、原因者不明の油濁事故により被害を受けている漁業者の救済及び油濁被害の拡大防止等に要する費用の支弁など、原因者不明の油濁事故にかかわる唯一のセーフティネットとして、今後とも被害漁業者の救済並びに海の環境と漁場の保全に全力を傾注して取り組んで参りますので、今後とも皆様のご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
最後になりますが、「海の羽根募金」及び「なぎさの環境基金募金」への呼びかけに応えて頂きありがとうございました。全国各地の漁業者をはじめ関係機関の皆様方に心よりお礼を申し上げます。


平成27年7月
公益財団法人海と渚環境美化・油濁対策機構
               理 事 長   岸    宏

 

ホーム > 機構紹介 > 理事長の挨拶